愛知県 豊田市の精神科・心療内科の南豊田病院愛知県 豊田市 精神科 心療内科 デイケア受診したい入院・治療したい知りたい聞きたい働きたい
南豊田病院 HOME > 治療したい > 入院治療したい > 病棟のご案内 > 急性期治療病棟

一般的な質問

入院治療したい


病棟のご案内−急性期治療病棟

急性期治療病棟について

急性期治療病棟は、精神症状の急性期に集中的な治療を行うことにより3カ月以内(平均在院日数48日 2011年上半期統計)での退院を目指す短期集中治療病棟です。

定員49床の男女混合病棟で、患者さん2.5人に対し看護師1人の看護体制を取っています。個室はも8部屋設置され、個室用冷蔵庫を完備、希望に応じてテレビの設置も可能になっています。

精神科の急性期には、興奮、混乱、混迷、拒絶といった症状がみられ、従来、このような症状を呈した患者さんは慢性化した患者さんと同じ閉鎖病棟という閉ざされた環境の中で、ただ刺激だけを少なくし鎮静を待つ治療を受けてきました。その結果 、患者さんの自尊心を奪い、快方に向けての希望をも奪ってしまうことが多く、入院期間を長期化させていました。

当院の急性期病棟は、初めて精神科に入院された患者さんに焦点を合わせています。慢性化した長期入院の患者さんとは別の環境とし、初回入院の患者さんを中心に治療の対象とした 病棟です。しかも、開放病棟で尚かつ個別 な環境の提供がなされています。男女という性に捕らわれることなく男女混合で、病棟という一つの社会の調和の中で、患者さんとの同意を得ながら治療がなされます。患者さんの年齢層も幅広く、思春期の問題を抱える方から壮年期、老年期を迎える方まで利用されます。病気の種類も色々で、精神科を訪れる全ての患者さんを対象としています。急性期に伴う症状をソフトな環境の中で、充実した医療チームで手厚いケアをし、早期に家庭復帰、社 会復帰が出来るように目指しています。

急性期病棟では、より細かな看護ケアの提供と快適なゆとりある治療の中で、患者さん個々のペースに合わせた入院生活を過ごして頂くことができます。ストレス社会の中で疲れてしまった心と体に栄養と休息をとり、元気な自分を取り戻しましょう。充実した医療チームがあなたを応援します。

なお、アルコール依存症の専門プログラムによる入院治療を行っています。

▲ ページトップに戻る

病院案内採用情報SITE MAP リンク

Copyright© 2008- Minami Toyota Hospital All Rights Reserved.
supported by 医院ホームページ作成のMEDICA